金沢うら田のもなか 福梅



お年始のご挨拶に最中をいただきました。
金沢の企業の方からいただいたので、
きっと銘菓に違いないと思って調べたら

金沢銘菓“福梅”は、前田家の家紋「剣梅鉢」を形どった最中。
表皮に砂糖をまぶし、餡には大納言小豆を使用した“福梅”は、
風味と気品にあふれる金沢ならではの銘菓です。
お正月の賀客や、一家団らんに、
また縁起の良い贈り物としても喜ばれております。

だそうです。
最中の皮にまぶしてあるお砂糖も、餡も上品な甘さでした。

金沢うらたの福梅
http://www.urata-k.co.jp/urata/index.html

私は昔、茶道(裏千家)を10年ほど習っていたのですが
京都を中心に地方の銘菓をいただけることが楽しみで続けていました。
交通事故に遭い、正座ができなくなってしまい、やめてしまったのですが
(今は大丈夫です!)
お菓子の楽しみがあったので、劣等生だったのですが
こんなに続いたのではないかと、今でも思っています。