私が名刺なの

ある人とはじめて会った時、「僕、名刺持たないんです」と言い、
連絡先を茶封筒に書いて渡された。
悪い意味ではなく、なんて人だろうと思った。

後日、再会した時に
いつもちゃんと仕事をしていれば、名刺なんかばらまかなくても
仕事が集まってくると言われた。
確かに大きな仕事をしているので、それはそれと受け止めたけれど
やはり、私には考えられなかった。

ちょっと考えるところがあって
去年の終わりから、名刺を配るのをやめた。
私が名刺を持っていないとわかると
私だけスルーしたり、名刺をくれない方がいたりする(笑)
「フライヤーしかないんですが」と言って、ライブのちらしを渡すのだけれど
一応目を通してしまう方と
私の目の前で小さく折りたたんでしまったり
投げ出す方もいる。
それでも名刺を出して下さる方は、
コンタクトをとりたいというサインだと思い
有り難く頂戴する。

残念ながら、彼のように名刺配りをやめたからと言って
仕事は増えてはこないが(笑)
こちらのメールは無視なくせに、
一方的にメルマガを送りつけてくるような人が
集まってこなくなったし
名刺の数を増やしたいだけの方と関わらなくて済むようになった。

会社勤めをしていたり
起業していないなら
名刺なしもいいかも。
制作やイベント現場仕事の場でだけ
名刺を出すことにしようと思う。
私が名刺なんだもの。