いまどきのピアノレッスン

甥っ子(小1)のピアノの発表会に行ってきた。
幼稚園の年少さんから学年順に弾いていく。

私が子供の頃は、楽曲の難易度を基準に
順番が決められていた。
特にスパルタ教育だったため、
「発表会はレッスン内容以上のものを発表する」というのが
先生の考えで、幼稚園生で、バイエルの上巻を学習中の身で
ブルグミューラーの「狩猟」を弾かされた。
ヘ音記号もまだ教本に出てきていないのに!
ちゃんと、ついていった子は音楽高校もしくは音大に進み
ある意味「成功」しているのだが
落ちこぼれた私に残されたものは、「譜面が読める」だけだ。

現在のピアノ教育は
「ピアノをキライにさせない」らしい。
宿題をやってこなくても、練習を怠っても叱らないそうだ。
現在30才以上で、かつてピアノをやってましたチームが
話をすると「やっていかないと怒られる」というトラウマが
今でも残っている..というのが共通の話題。

将来、クラシックピアノの道で生きていくとか
音大に進むような子以外は
現在の「ゆとりのレッスン」で十分だと思う。
あんなに、ピアノ、聴音、ソルフェージュとやっても
正直ほとんど何も残っていない。
ジャンルはクラシックではないけれど、音楽を続けている私は
まだ、譜面を目にする機会があるだけ、ちょっとは生きているのかも。

母親(妹)は、毎日ガミガミ言いながら
練習をさせていると言っていた。
先生が何も言わないからだ、と言うが。
甥っこがピアノをキライにならないで、
少しでも長く続けてくれることを祈るばかりだ。