付き合う人を選べ

友人の同伴で、よくわからないパーティーに参加した。

後から思うと、彼女は
キレイどころを数多く集めるために呼ばれたようで
招待者は、「僕の一声でこれだけのきれいな女の子が
沢山集まってくるよ」ということを
仲間に知らしめたかっただけのようだ。
キャバ嬢、クラブのホステス、未来の旅館の女将など
女性は夜のお商売の方が多かった。
きれいどころが多かったわけだ。

実際のパーティーは、ある会社の設立記念パーティーで
招待者は運営にも経営にも関係なく、
主催者のお友達の一人だった。

若くして成功してる方で
本を出し、よくマスコミにも登場し
一緒に写真の一枚もとっていただき
あやかるべき位置にいる方なのだか
彼女の話しを聞けば聞くほど最低な人だったのでやめた。

そして、そんな人と関わるあなたはもっと最低だから
縁を切るように言った。
利用してのし上がってやるわ!位の根性もなく
彼とかかわっていると
おこぼれでいいことがあるかも…と思ってしまうらしい。

悪いが、いいことなんかこの先ない。
彼は自分がつきあって
メリットがあると思う人になら、いいことを与えてくれるかもしれないけど
なんの利用価値もないあなたに
おこぼれすら与えはしないということを教えた。
世の中WinーWinなんだから。

おいしそうだと群がっていって、
屈辱的な扱いを受けるのは仕方ないのだ。

彼は水商売の女性に対して
あからさまに軽んじた態度を
平気でとれるような人なのだ。

彼女が今いる世界で一流になり、私がもっと売れて
「お互いをblogで紹介したり
対談相手に指名したりできるよう、頑張っていき
お互いか゛、高めあえるお付き合いができるようになりましょう」と締めた。

※パーティー会場から撮りました