コンパニオンとナレーター

エコプロダクトが終わった。
私が見たところ、ナレーターはどこもover30中心で
台本をきちんと喋れるクラスの人を起用していた。
やはり日本最大級エコイベントと言ってるだけ?

パイオニアのナレーターは20代だと思う。
かわいくて、スタイルがよくて、きちんと話せる人だった。

最近はイベントで声優学校の生徒を
勉強と称して無料同然に遣う現場が多く
聞いていられないMCがいっぱいいる。
あれで、満足されてちゃかなわない。
うるさい息つぎやへんな癖のオンパレード。

さすが、ビッグサイトには、そんなレベルのナレーターは皆無だった。

コンパニオンはパナソニックの人たちに、可愛い人が多かった。
東芝にもひとり、美人がいた。
そんなレベル。

昔のコンパニオンはモデル事務所に所属する二軍、三軍のスタイルがよくてキレイな人や
夜はクラブのホステス(キャバクラではない)をやっているような美貌の持ち主ばかりだったのに。
今は、普通の子より「少し」かわいい程度の人がほとんど。
本人たちも、普通の子より、「少し」かわいいことをわかっていることが
立ってるだけで見えてしまう。

今の時代は、誰でもライブハウスに出られ
誰でもCDを全国発売できるのと同じなのかな、と思った。

私がコンパニオンとして参加していたことで
身をもって証明してしまったようだ。