一流の人

昨日、赤坂B♭で、海外でも演奏演奏されている
Tenor Saxの尾田悟師匠のステージで
TAKE THE A TRAINを
歌わせていただいた。

タレント業界のしきたりとして(Jazz界では違うかもしれないが)
Jazzの現場で新人の私は
1stステージ後、演奏していただいた
師匠、Pianoの守屋純子さん
Drumのバイソン片山さん、Baseの野中英次さんに挨拶に行った。

同じ枠で出演する
Jazzのプロシンガーとして活動されている先輩や
師匠のお弟子さんにも
同じステージに立たせていただくので
挨拶に行っている。

ばかみたいと思う人もいるかもしれないけれど
私はプロだと言うのなら、
こういうことがきちんとできない人をプロとは認められない。
素人の発表会ではないのだ。

、なんてことをフツフツと思っていたら
ハコを出る時
守屋さんとバイソンさんから
「今日はありがとう」と言われた。

私の歌唱レベルを、引き立てる演奏をしたはずなのに、
御礼を言うなんて。

下の者に礼をつくせるのは
自分の力に自信があるからだ。
一流の余裕。

PLAY以外でも
関心させられた夜だった。

※写真は左から尾田師匠のプロ弟子の三木さん(TSax)
 バイソン片山さん(Dr)、あたし、野中英次さん(B)
 尾田悟師匠(TSax)、守屋純子さん(P)