日本人より優しい外国人に会った

寒くて震えながら、青戸駅ホームの待合室に入った。

今日の現場は屋内なのに
寒くて、途中本当に帰りたいと思ってしまった(笑)

午前中、お腹と腰に貼ったカイロは
午後にはバリバリになっていた!

長椅子席が四つあるのだが
どこも空いていなかった。
ギュウギュウに人が座っているところもあったが
座りきれず、何人も人が立っていた。

座りたがりやの私も仕方なく立ってたら
おばあさんが一人入ってきた。

みんな寝たふりしたり、知らん顔したりしはじめた。

すると3人で座っていたフィリピン人女性グループのひとりが
流暢な日本語で「おばあちゃんだ」と言った。

みんな、聞こえていたはす゛。
でも、誰も微動だにしなかった。

すると、そのフィリピン人女性が、そのおばあさんを
「おばあちゃん、おばあちゃん」と呼んで手招きした。

そのおばあさんは、
「ありがとう。腰掛けるだけで大丈夫」
と浅く腰掛け、フィリピン人の女性を手招きした。

そのフィリピン女性は腰掛けると、私を手招きして呼んだ。
「みんなで座ったほうがあったまるよ」
と言って、椅子の角を空けて横に座れるスペースを作ってくれた。

クライアントにいただいたミニホカロンをにぎりしめ
浮かない顔をしていた私は
悲壮感が漂っていたのかもしれない。

「嬉しい、ありがとうございます」
と声をかけた。

私は電車に乗ると5分でも座りたい。
目の前や近くにお年寄りが立つと、席を代わりはするが
「嘘でしょ」とか
「目の前の人、代われ」というのが、正直なところ。

フィリピン女性に席を作ってもらった時
温かい気持ちになったと同時に、
日頃の自分を恥じた。

そして、あのおばあさんのそばの長椅子に座っていた日本人たちも、
恥ずかしい人たちだな、
と思ってしまった。