詳説日本史

本屋さんで見かけて開いたら
カラーでした!

私の頃は、全部白黒だったのに。

でも来年は、日本史教科書、一部改訂ですね~

私の通っていた、
麹町学園という学校は
今でこそ、国立大学に入れる生徒が複数いますが
当時はゆとりの教育でした。

現在のように、学校を選ばなければ
誰でも大学に入れるわけではなく
受験勉強から逃げて、
専門学校に行く人が多い時代でした。

「大学とか短大と名のつくところに入りたい!」ような人にはありがたい学校で
漢字と作文と面接(!)で入れる推薦を受ける人のためには、
熱心に補講をしていました。

成績がいい生徒は、勝手にやってくれ、
という学校だったので
ある程度のレベルの仲間は
小論文も、日本史も、
代ゼミの先生に事情を話して、
頼っていました。

麹町学園で使っている日本史の教科書では
日東駒専どころか
ハイレベルな短大も無理(当時はハイレベルな短大のほうが、
東海大学やそれ以下の学校より難関だった)
と言われ、
みんなで御茶ノ水の三省堂に買いに行ったのでした!

そんな学校でしたが
六年間、楽しく通っていたので
愛校心はあります。

今は、詳説日本史を使っていることを
祈っています。