携帯の変換

ちょっとカリカリしていて
感情的にならないように、
かつ、カチンときている気持ちが伝わるような
メールの文面を考えていた。

鼻息荒く打っていたら
「○○を」と言うつもりが
「○○ヲタ」 と変換されていた!

一度、使った変換や文字を、
携帯が記憶するのだ。

文明の利器は
便利な時もあるが
困ったこともおこるものだ。