錯覚が私を作った

都内キー局にて
番組に出演するにあたり

自分が過去に思っていた音楽に向き合う気持ちや
活動について、語った。

それで思い出したこと。

高校生の時、サラリーマンのおじさんに歌を褒められ
そのおじさんのお金で
カラオケでデュエットした。

アイドルライブに沢山呼ばれるようになって
私の役割は
若手に刺激を与えるステージングをすることだと信じて、歌ってきた。
「さっち~が出てくれると
ステージがしまるんだよね」

ある声優さんに
あなたの声は、
「私の方を見なさい」という
パワーが誰よりもあるから
あなたの時代がくるまで
諦めず進みなさい、
と言った。

要所、要所で
出会った方のひとことに
へんな自信を持って
ここまできた。

錯覚ほど恐ろしいものは
ないけれど
錯覚に支えられ
私の現在があるのだと
気がついた。

最近、根拠のない錯覚を
することは
なくなった。

錯覚だとしても
自分を信じられなくなったら
終わりだと思う。

誰がなんと言おうと
男どもに理解されなくても
恋に悩む女子の味方として
曲を書こう。

※局に行く途中で撮った。
東京タワー。