音楽で食べていこうとすること

昨日、お友達のバンド
らじるしのライブにいってきた。

O-WEST満員だった。
よかったね。

ライブ前に、ギターのあっちゃんと会うことができ
話せてよかった。

相変わらず、ライブ前テンションのあつしで
トイレにもいっばいらじるしの貼紙がしてあって
スタッフさんみんな丁寧な子たちで
元気いっぱいのヴォーカルマコちゃんから
お客さんは笑顔をもらっていて
昔と何にも変わっていなかった。

あ、らじ太(着ぐるみ)が仲間入りした。

それ以外は
両国が渋谷に変わって
お客さんが倍以上に増えていたことは
変わっていた。

現状を本気で変えたいなら
こつこつやることしか
ないんだと、感じた。

外に出たら
明日ライブやります、とか
ワンマン1000人目指してますとか叫びながら
ビラを配るバンドマンが
いっぱい立っていた。

GLAYのライブのあとも
武道館だと
GLAYもどきバンドが
GLAYのカウ゛ァーしながら
横で女の子がビラを配っている。

ビラを配ってる人も
GLAYもどきバンドも
この人たちはみんな真剣だ。

もらった沢山のフライヤーに目を通したが
この中の何人が
生き残っていけるのだろうか。

自分のやろうとしていることが
恐ろしいことだと
はじめて思った。