野田さんを信じよう

私は特定の政党を支持しているわけではないが
民主党は信用できない!と
ずっと思っていたが
やはり…

市議や区議にわけのわからない
若い爽やかな人か美人を
国会議員に知名度のある人を
下手な鉄砲数撃ちゃ当たる式で擁立させるところが
信用がおけなかった。

全員がダメ議員なわけはないが
「民主党」というだけで
ひいてしまう。
(松原仁先生の政策はともかく
パワーとおしの強さだけは
尊敬している)

「伊藤博文と並んで
教科書に載るんだから
こんな、適当なことじゃ
困ると思わない?」
と母親に言ったら
「野田さんは昔から、
船橋、津田沼の街頭で
しょっちゅう喋ってたじゃない。
あの人の演説は
素晴らしいわよ。」

これまでの努力が報われたのだから
どこの党など関係なく
決まった以上は
応援してあげなければ
みたいなことを
母親は言っていた。

私は、子供の頃から
田中甲先生(現・みんなの党の本部)の
駅頭で演説する姿を見てきて
国政までいったとき
勇気つ゛けられた。
田中先生がどこの党の人であろうと
関係ないのだ。
(個人的感情で
政治的視点から考えたら
無責任かもしれないが)

国民のために
ちゃんとやるべきことを
やってくれるなら
それでいいのかもしれない。