時代は電子辞書に

中国語を学ぶために
中国語の学校に
入りました。

本日初授業でした。
英語よりセンスがあるらしく
発音のレッスンで
Good続きでやや有頂天になっておりました。

ところが…
2時間目。
1時間目にやった単語も
会話も
覚えきれなくて
たいへんでした。

暗記は本当に苦手です。

すっかり凹み
辞書を買って、
しっかり復習することを決意。

大学受験の時に
MARCH、それ以上を目指す人は
「プログレッシブ」を!と
代ゼミの英語の先生方が
こぞって薦めていたし
勉強のできる仲間は
みんな、プログレッシブを既に使っていて
あわてて買いに行ったことを思い出し
校長とすれ違ったので
聞いてみました。

すると、
「なんでもいいですけど
電子辞書が発音も
でてきてイイデスヨ」
と言われ
戸惑いました。

私は調べた単語にマーキングをつけて覚えた
共通一次世代です。

「え~、古い人間ですから
線を引いてしか
おぼえられませんよ~」

「ソウデスカ。
それなら
なんでもいいので
自分が見やすいと思ったもので
イイデショウ」

たしかに中国語は、
発音が命らしい。

近いうちに
ヨドバシに行くか。