韓国人留学生との雑談で

JUGEMテーマ:学問・学校
エクセルシオールで中国語の勉強をしていたら
隣に、アジア人の留学生らしき女の子とおそらく喫茶店レッスンを受けるのであろう
サラリーマン男性が座った。

私が見る限り、喫茶店で勉強をしている人たちはたいてい、
大学受験生か資格試験受験生か
韓国語の学習なのだ。
公用語でもないのに、韓国語学習率が都内、市川関係なく
ほんとうに高いのには驚く。

隣に座った女の子が出した参考書を見たら、ハングルだった。
やっぱり…
サラリーマン男性が、飲み物を買いに席を立ったので
その女の子に話しかけてみた。

彼女は早稲田大学に留学している1年生で、
高校1年のころから
日本語の予備校に通っていたそうだ。
おそらく、ずっと日本にあこがれていたか、好きだったかで
本当にやってきたんだと思う。
私は、韓国の時代劇が大好きで、韓国古代史にも関心があるけれど
中国語をマスターすることが先なので
これが終わったら、ぜひ韓国語も学びたいと思っている話をした。


すると彼女が、「私も中国語の勉強中」と言って
ノートを見せてくれた。

「私、やばいんです」

第二外国語に中国語を選んだようで
彼女のノートは中国語の下に、日本語とハングルが書いてあった。
「ピンイン(発音)難しいですよね~」
なんて盛り上がった。


竹島問題や、日本海を「東海」だと言い出すような国だと思うと
韓国に対してかなりの憤りを感じているが
何の政治力もない、一個人同士だと、楽しく話せる。
とっても残念なことだな..と思った。