ドラマに求めているのはリアリティ?

Facebookばかりに投稿して
こっちがお留守になっていましたね。
ごめんなさい。

私は子供の頃からテレビっ子でした。
小中学生の頃は、アイドルが出る歌番組と
大映制作の青春ドラマ、
必殺仕事人シリーズ
TBSの金曜ドラマ、
渋いところでは、平岩弓枝ドラマシリーズなどが
だいすきでした。

常盤貴子さんなどが主演の
月9なども、
昔は楽しく見ていたのですが、
今はもっぱら、韓流時代劇と、韓流復讐ドラマに
かぎります。

私がおばさんになったので、
松本潤くんみたいな子たちの恋愛ドラマには
ついていけなくなったんだと
ずっと思っていましたが、
違いました。

W浅野や中山美穂さんあたりが
全盛期だった頃のドラマは
恋愛と仕事が中心で
親とか、生活感のあることは
あまり描かれていませんでした。
だからこそ、話に感情移入できたんですよね。
キラキラした部分しか
見てればいいから。

ところが、アラフォーにもなると、 
ご主人のお母様がヤバい人だと
めんどくさかったり
自分はシングルでも、
相手には家庭があったりすることが
よくあることではありませんか。

30代の大人のオトコ好きな女の子が、
「彼、かわいいところもあるの」なんて
妻帯者と思い出恋愛するのとは
全く違います。

現実を生きているから
現実の世界が背景にある
韓流ドラマに
世の中のおばさんたちは
ハマるのではないでしょうか?

夢の世界を見ることで
癒されるタイプの方々が
ジャニーズおばさんになったり、
韓流おっかけに走るような
気がしてきたんですが
いかがでしょう。